民進党 三村和也
Change 民進党 三村和也
文字サイズ
民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部オフィシャルサイト
HOME プロフィール 原点 貯金通帳 ココ変 ネット献金 後援会入会 インターンシップ
若い力×行動力
三村和也 民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部
子供たちのためにがんばるパパ
いとこも応援してくれます 広末涼子さんメッセージ
街頭演説 通算3000回以上!
100キロ完走!ミムラのマラソン遊説
街道をゆく ミムラの自転車遊説
新しい政治のカタチ 横浜未来会議
政治資金すべて公開!ミムラの貯金通帳
情報発信こそ政治家のバリュー ミムラのココ変!
■メール:
 
■電話:044-750-8246
■FAX:044-750-8247
お問い合わせはこちらから
事務所のご案内
元衆議院議員三村和也事務所
民進党神奈川県第18区総支部

〒213-0033 川崎市高津区下作延4-28-29 メイプルガーデン溝の口102号

≪アクセス≫
・南武線武蔵溝の口、田園都市線溝の口から徒歩15分
・田園都市線梶が谷駅から徒歩10分
・南武線津田山駅から徒歩8分
地図はこちらから
三村和也ブログ

《 2011年5月アーカイブ 》

2011年5月26日

被災者への支援

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
今朝の駅立ちは下永谷、昨日は西横浜、一昨日は雨のため中止、月曜日は弘明寺だった。

体調が優れないと朝が辛くて困るが、もう立候補以来3年以上続けている朝の駅立ちだ。野田大臣のように20年以上続けられるように頑張ろう。


さて、被災地への支援について「政府の対応が遅い、足りない!」といった話が多い。最近では、それを理由に離党/不信任案に賛成を表明する人も出て来てしまっているようだ。

しかし、本当にそうだろうか?もちろん、被災された方々にとって「十分」ということは、決してない。しかし、5月初めに成立させた4兆円超の一次補正予算で被災者の皆さんの生活再建に向けた第一弾の支援が動き出している。

ぼくは、ブログやチラシなどで、政府の予算などを示して「こんな成果を出しています!」といった宣伝をするのは、あまり好きではないのだが、やはり「事実」は、少しでも知っておくべきではないかという思う。


例えば、一次補正では

○住宅に著しい被害を受けた世帯に被災者生活再建支援金として520億円。

起訴支援金 100万円
加算支援金 建設・購入で200万円、補修で100万円、賃借で50万円

○災害弔慰金などに485億円

死亡された方のご遺族に500万円
障害を負った場合に250万円

○無利子借り入れに606億円
350万円までを13年間無利子で借り入れ可

○仮設住宅に3626億円
今年度10万戸建設
民間賃貸住宅への入居も可能に
無料で入居できる

その他、がれき処理に加えて、医療、福祉、子育て、教育、放射線、そして事業再建など、可能な限りの支援パッケージを進めている。


二次補正をいつ出すか、という問題は、実は政治的な(パフォーマンスの)問題である。被災地のみなさんが少しでも困らないようにすればよく、一次補正、本予算を使ってどんどんやればよいわけで、二次補正をいつだすかという問題は、実は、野党の党略だ。もちろん、政治的な意味で早く出す必要があれば、早く出せばよいが。

それよりも、国家のマネージメントにとって重要なのは、特例公債法と税法本体という、歳入の本丸である。

二次補正を出さずに会期閉じる!延長!なんだ!!と騒いでいるのは、それこそ党利党略だ。国難のとき、ベストでなくても、最善の成果をひとつひとつ出していくために、努力したい。

三村和也

2011年5月25日

外交・安全保障

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
民主党の外交安全保障調査会は、中川正春調査会長のもと、長島昭久事務局長、そして事務局次長に、三村と、吉良議員、大野議員となっている。

昨年末、侃々諤々の議論の末に、防衛大綱への提言をまとめて以降、これまで「ない、ない」と言われ続けて来た、民主党の外交・安全保障政策をとりまとめるための議論を続けている。

分科会を5つ

北朝鮮問題分科会

軍事的安全保障分科会

経済外交分科会

ソフトパワー外交分科会

インテリジェンス分科会

とわけて、議論を重ねて来た。震災発生によって一次中断したが、6月末をめどに、中間報告を公表できるよう、今日役員会でスケジュールを確認した。

そもそも今の弱い政府で、どこまで実現できるか分からないが、

拉致や原子力、ミサイルを含む北朝鮮問題

武器輸出三原則、PKOといった論点を含む軍事

TPP、食料安保を含む経済外交、

官邸機能強化を含むインテリジェンス

と、固めたい論点は大きく、そして多い。

(ソフトパワーは専門外です。。)


今の政治情勢で、6月までにすべてというのは、無理があろう。引き続きぼくのライフワークとしてやっていきたい。


三村和也

2011年5月24日

日韓未来構想2011釜山セミナー

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
5月20日(金)の夜19時の便にのって釜山へ行き、日韓未来構想セミナーに参加してきました。

このセミナーは、日韓の若手政治家の議員交流で3年前から継続しているもの。民主党の古川元久代議士と自民党の林芳正参議院議員が中心となって超党派で続けているもので、ぼくも以前からお声かけいただいていたのですが、なかなか参加できなかったもの。今回初めての参加となりました。

東日本大震災に際して韓国から多大な応援をもらっているので、そのお礼を日本の国会議員として韓国に伝えたい。また、ぼくがメインで取り組んでいる安全保障問題に関しても、日韓の結びつきをより強固にしなければならない。さらに、原子力問題で、今後国際的な枠組みがアジアで必要である、といった問題意識での参加です。


じつは、国会議員になって初めての海外!

立候補する前は仕事で毎月一度は海外に行っていましたが、立候補後3年以上ドメスティック。本来は国会議員の国際感覚を維持するためにこれではいけないと思うものの、今の選挙制度は新人議員にそういった時間的余裕を許してくれません。


RIMG0159.JPG


さて、金曜日の深夜に釜山に到着し、土曜の朝から9時間ぶっつづけての議論。

「ポスト3.11の日本再興戦略」

「国内政治情勢分析」

「日韓の戦略的同盟」

「竹島問題」

「教科書問題」

「北朝鮮問題」

といったことに議論が及びました。

RIMG0163.JPG

日本再興に関して。今回の震災に際して、初めて、韓国国民が全体として偏見無しに隣国を救おうという気持ちになって動く事が出来た。という韓国国会議員からの表明。にもかかわらず、4月の教科書問題でその機運に水を差す形となったと。

これには、日韓両国の受け取りの大きな違いを感じた。領土問題として日本が主張を曲げる事はないが、不幸な歴史のある両国関係における外交は、きめ細かい配慮が必要である。

再興への日韓関係としては、ひとつには、阪神大震災で神戸港が不能になったのを機に釜山に貨物が集約されたように、それが日本にとって良いか悪いかは別にして、今後日韓の相互依存関係がより深まるだろう。それを両国にとってWinWinのものにしていきたい。

また、原子力問題に関して、今回の事故は、最悪の事態であるが、同じ事が西の隣国で起きたら、毎年のように黄砂が降り続いている韓国や日本への影響は、計り知れない。そういう意味でも、日中韓での原子力の国際既成枠組みが必要ではないか。

韓国国家議員が北方領土への渡航を計画しているという。韓国議員側からは、「彼らは特殊だ」という説明があったが、それにしても、両国関係にとって良い事は1つもない。是非ともやめるべきだ、という議論をした(※が、後日実際に訪問してしまったが)

北朝鮮問題。6カ国協議の限界について。モンゴルというファクターを新たに考えるべきではないか。



RIMG0283.JPG

17時半までのセッションの後、場所を移って、韓国の学生さんたちと交流の場を持ちました。彼らの議論も、教科書問題や、平田オリザ氏の発言など、関心の高さと、そしてその視点の違いを感じた。



RIMG0322.JPG

次の日、日曜日は、10年前に新大久保駅で、転落した日本人を救おうとして命を落とした李秀賢氏のお墓を訪問し、献花。李さんのご両親と地元の方々も沢山いらっしゃる。あの事故からもう10年が経過している。日韓両国の友好のために、彼の死を無駄にしたくない。


そして、釜山の映画産業などを視察。日本では、行政の無駄の削減ありきで、コンテンツ産業に投資をしよう、といった前向きな夢のある動きをなかなかしづらい時代が何年も続いている。早く日本でも夢のある政治/行政ができるよう、モメンタムを変えていきたい。韓国でも、1997年のIMFクライシスの後の徹底的なリストラを経験した後のV字回復であるわけで、我が国もまずは行政の徹底的なリストラだ。それには協力なリーダーシップが必要なのだが。。



14時の飛行機で帰国。最後のランチには、初めて焼き肉を食す。やはり、うまい!帰りの飛行機でニンニク臭くなかったかだけが心配でした。


三村和也






2011年5月20日

釜山へ

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
成田空港からのブログアップです。

ここ最近風邪気味で体調を崩していてブログにまで手が回らなかったことを反省。


今週、財務金融委員会で質疑に立つ予定でしたが、別件での野党の反発で委員会が流れてしまったので、来週になると思います。


この2週間、東電賠償スキームを党内で議論して来た。満点のスキームになっているとは言えないので、財務金融委員会でも財務大臣と金融大臣にその点について議論をしたいと思う。


さて、韓国釜山へは、今から、土日を使って、日韓未来セミナーへの参加のために。

この時期だからこそ、隣国との友好関係を維持発展させなければならない。

じつは立候補して以来、初めての外国。

立候補前はほぼ毎月海外出張の日々でしたが、3年以上ぶりの海外です。

行ってきます。


三村和也

2011年5月10日

節電ビズ

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
朝の駅立ちは港南中央にて。


今日は、9時から東日本大震災対策本部の定例会議があるため、7時43分の市営地下鉄に乗って戸塚経由で国会へ通勤しなければならないので、ぼくだけ先に抜けてしまった。


ところで、今年は節電のため、「クールビズ」を1ヶ月前倒しして今月からノーネクタイスタイルを励行ということに国会ではなっている。

そして、節電意識の徹底のため、ネーミングも「クールビズ」ではなく「節電ビズ」だとの話。


ぼくは役人の頃から、暑がりでクールビズ大賛成派だったので、GW明けの昨日からさっそくノーネクタイに薄手のパンツと薄手のジャケットのスタイルに変更。


今日、議員会館のエレベーターで一緒になった幹事長はネクタイを着用されていたので、


「「節電ビズ」ですから徹底してください!」

と進言しておいた。


三村和也

2011年5月 9日

朝駅立ち後のコーヒー

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
朝は戸部駅での駅立ち。

ぼくの場合、毎朝の駅立ちは、20年以上続けている野田財務大臣にならって、マイクなし、プレス民主を配りながら地声で挨拶するスタイル。

プレス民主の記事は政策エッセイで、その内容は隔週で新しくして、選挙区内に20ちょっとある駅を周り、同じ駅では毎回新しい政策エッセイを配るようにしている。

ちなみに、マイクを通してしゃべるより、地声の挨拶のほうが、腹から声を出さなければ通らないので、数倍体力を使う。

今日からは「本人」旗もたてるようにした。選挙の時以来だ。

特段選挙が近いと思っているわけではないが、衆議院議員は常在戦場。

特に選挙基盤の弱い我々のような新人は、とにかく次の選挙に当選する力を持たなければ、必然的に政策を通す力も備わらない。


ところで、今日は朝の駅立ち終了後、スタッフ全員で戸部駅すぐの

樹根巣珈琲専科さん


で、ミーティング。

ここのコーヒーの美味いこと!さらにチーズトーストとハムトーストを頼んで皆でシェアしたのですが、ふわっふわで、美味い。


かなりお勧めです。

普段は朝駅立ちがあって早いので、朝食をとらないぼくですが、今日は腹を満たしてから京急で国会へ通勤しました。


三村和也


2011年5月 8日

浜岡原発停止/そしてもう1つの英断を

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

 総理から浜岡原発の全面停止の要請が中部電力に出された。東海地震の断層面のど真ん中に位置する浜岡原発については、全面停止を進言してきたので、大きな前進だ。


 しかし、総理の説明では防潮堤などの安全対策が完成するまでの停止ということで、根本的な解決にはなっていない。


 福島原発の事故で顕在化した原子力発電のリスクに基づいて原子力発電の安全評価基準をゼロベースで見直し、新基準に適合しない発電所については廃炉とする政治決断をしなければ、電力の30%を原子力に頼っている我が国の「中期」のエネルギー政策を維持できない。いずれにせよ、リスクの高さが容易に確認できる浜岡原発については、一国も早い停止が必要だ。


 その上で、新規の原子力発電所の増設は白紙として、太陽や風力といった自然エネルギーに国策として移行していく政策を「中長期」で進めていく。私たち若手の政治家が新しい理念とスキームに基づいて、社会システムの構築を進めていきたい。


 総理には、次なる英断として、復興に要する財源について、増税に頼らないという決断を求めたい。復興財源を増税に求めては、日本経済への悪影響が避けられない。私が呼びかけ人となった「増税なき復興を求める緊急会合」には、50名もの衆議院議員の同志が集まってくれた。


 そもそも、今回の大震災は100年に一度か、もしくは300年に一度とったリスクである。そのリスクは、100年や300年かけて分散すべきものであり、長期で返済する国債の発行によって復興財源をまかなうのが経済理論的に正しい。


 復興需要によって日本経済を復活に導くために、増税によるマイナス影響を避け、国債による財政出動と金融政策のミックスで、デフレからの脱却と経済の回復へ誘導する。このことも私たち若手の政治家から発信していきたい。


三村和也


ミムラ和也Facebook 日々の活動の様子はフェイスブックにて更新しています
カードで簡単 ネット献金する
川崎市民のみなさま ポスターを貼る
あなたもミムラサポーターに 後援会へ入会
インターンシップ
1時間でも良いんです!ボランティアに参加
いつも身近にミムラを メルマガ登録
→メルマガ解除はこちら
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
最近のエントリー

HOMEプライバシーポリシープロフィール原点ミムラの貯金通帳ミムラのココ変!ネット献金後援会へ入会