民進党 三村和也
Change 民進党 三村和也
文字サイズ
民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部オフィシャルサイト
HOME プロフィール 原点 貯金通帳 ココ変 ネット献金 後援会入会 インターンシップ
若い力×行動力
三村和也 民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部
子供たちのためにがんばるパパ
いとこも応援してくれます 広末涼子さんメッセージ
街頭演説 通算3000回以上!
100キロ完走!ミムラのマラソン遊説
街道をゆく ミムラの自転車遊説
新しい政治のカタチ 横浜未来会議
政治資金すべて公開!ミムラの貯金通帳
情報発信こそ政治家のバリュー ミムラのココ変!
■メール:
 
■電話:044-750-8246
■FAX:044-750-8247
お問い合わせはこちらから
事務所のご案内
元衆議院議員三村和也事務所
民進党神奈川県第18区総支部

〒213-0033 川崎市高津区下作延4-28-29 メイプルガーデン溝の口102号

≪アクセス≫
・南武線武蔵溝の口、田園都市線溝の口から徒歩15分
・田園都市線梶が谷駅から徒歩10分
・南武線津田山駅から徒歩8分
地図はこちらから
三村和也ブログ

《 2012年12月アーカイブ 》

2012年12月26日

新内閣発足と我が党の新体制と

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
戦を終え、お世話になった方々へご連絡、挨拶回りを続けています。挨拶回り自体は数ヶ月かけて丹念に歩き続けます。

事務処理を行い、今後の体制、資金繰りなどを算段しつつ、気づけば今年も終わり。年の瀬を向かえつつあります。

今日、安倍新内閣が発足。相変わらずマスコミは誰が入閣、どこの大臣に、等々の「人事」中心に取り上げられますが、「政策」及び新政権の「仕組み」のほうが当然ながら大事です。

自分自身がしばらく国の政策に直接関与できないのが無念ですが、これだけ自民が大勝したわけですから、新政権には国益に適う政権運営をしてほしいと思います。

私は、日本経済再生本部の設置というのは良いと思います。

菅直人政権発足時、私は「経済財政諮問会議」を復活して、官邸主導の経済財政政策を進めよ、と条件をつけて応援をしましたが、菅総理は実行しませんでした。

役所の縦割りを排して政治主導での政策実行には官邸主導の「仕組み」が不可欠です。

政策的には、TPP「交渉」への参加、定数削減を含む政治改革、エネルギー政策の転換など是非とも進めて欲しいと思います。また、「政権交代」の「直後」が政治的に物事を動かす最大の好機ですので、新政権は、内政及び外交ともに、政権発足直後の年明けからの運営が一番重要だと思います。


そういえば、一方で、昨日には我が党の新代表も選出されました。私自信に投票権がなかったので、なんとも言えないですが、我が党は二大政党の一極を担い続けることができるようにゼロからの立て直しが不可欠です。「党内融和」などと未だに言っていていては、維新やみんなに後じんを拝して埋没してしまいます。

政権へチャレンジし続ける、攻めの政策集団に生まれ変わらなければなりません。

我が党の立て直しを考え、新政権の政策の注視をしながら、年明け以降の自分自身の政治活動の計画という現実にも向き合う、忙しい年末年始となりそうです。

来年からは、地元横浜に張り付いてさらにパワーアップして活動してまいります。

三村和也

2012年12月18日

衆議院選挙が終わりました

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
衆議院選挙が終わりました。

今回の選挙結果については、大逆風等々言い訳をするつもりは毛頭なく、単純に自分の力不足でした。自分自身はこの世界に足を踏み入れた時から、落選は覚悟の上なのでまったく問題なく昨日からより一層力を入れてリスタートしています。が、応援いただいた支援者の皆さんや友人、家族、また、ご期待頂いた皆さんの思いに応えられなかったのは痛恨です。みなさん、負けてすみませんでした!

次の選挙からは生涯2度と負けないよう、これから休まず、徹底的に地域を回り、この国の未来を担う力強い政治家に成長するようがんばります。

*公職選挙法により御礼の挨拶等は禁止されているのでご理解お願いします。

三村和也

2012年12月 3日

更新の最後に

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_3764.JPG

明日から私にとって2回目の挑戦となる衆議院議員選挙が始まります。その間、公選法の規定によりブログの更新が出来なくなります。


昨日の演説会では、前原誠司大臣から私に熱い応援メッセージをいただきました。

また、いとこの広末涼子さんも駆けつけてくれて、小さい頃のお互いの夢なども含めて応援のメッセージをもらいました。

いつも近い場所にいる彼女が、世界を舞台に人々を幸せにする仕事をしているのを見てきて、いつも本当に刺激を受けています。
私は、政治という仕事が、本質的に人々を幸せにするための仕事だと思っています。今回、解散後の活動の中で、改めて原点に帰る思いです。

そして最後に私からも決意をお話しさせていただきました。

演説会の様子はこのホームページの右のほうでご覧頂けます。


◆決意
5年前、私は安定した公務員の立場を捨てて、立候補を決意しました。当時、娘が3歳、息子が1歳でした。

娘が生まれたとき「この子たちが将来生きていく日本の社会を少しでも良くしたい。自分の力で変えたい。」そう思い、日本の未来への危機感を持ち、政治の世界へ挑戦したのです。

しかし、立候補の可能性の新聞報道がなされた瞬間、それまで務めていた経済産業省を退職せざるを得なくなり、最初の半年間、小さい子供を抱えながら、いわゆる「プータロー」生活でした。

議員として働いたこの3年間、私は、民主党という政権の中で、国の形を変える仕事をしてきました。事業仕分けでは、特別会計や独立行政法人という、官僚統治の温床を改革し、防衛大綱の改定では、戦後60年以上冷戦構造の中で変わらなかった基盤的防衛力構想を沖縄方面シフトに転換し、解散前法案を準備していた共通番号制度では行政の無駄をなくす抜本的な行政改革を制度設計しました。公共事業を30%以上削減して2兆円、公務員給与の引き下げで3000億円の税金を節約する一方で、子育てに税金をシフトした結果、私たちの住む横浜市では、3年前1500人以上だった待機児童の数が、来年にはゼロになる見込みです。


しかし、私は、子ども達の未来にツケを残さないために、耳障りは決して良くない、もっと本質的な改革が必要であると思っています。


50年後も持続可能な社会保障制度を再構築するには、社会保障費の「抑制策」が避けて通れません。

日本経済の再生を着実なもにするには、反対があっても「開かれた経済外交」を進めなければなりません。

2030年代までに脱原子力を実現するには、「エネルギー需給構造改革と国民の生活習慣の転換」が不可欠です。


子どもたちの未来にツケを残さないために、反対のあるテーマでも改革を断行しなければならない。皆が賛成する改革など決してありません。


私は、未来に責任を持つ真の改革は、責任世代の私たちにしかできないと思っています。なぜなら、40年後、50年後の未来の日本の社会から、私たちの世代は逃げられないからです。


今回の選挙は私にとって試練です。しかし、民主党への逆風が強いからといって、第3極に移るようなことは一切考えませんでした。
過去の自民党政治に戻すという選択肢は、この国の未来を考えれば、あり得ません。第3極は不明です。であれば、民主党を改革するしかない。

私は自分の信じる道を進み、民主党を変えていきます。



◆応援してくださる皆様へ
本当に本当にありがとうございます。私は、地元横浜に利益誘導しているわけでもなく、どこかに道路を造るわけでもなく、誰かの口利きをするわけでもなく、ただ国家の未来のために仕事をする、皆さんにとっては実利のない政治家です。それなのに、多くの方に支えていただいています。本当にありがとうございます。


3年前の政権交代で物事が一気に進むということにはなりませんでした。
しかし、戦後60年変わらなかったこの国は、今、重い時代の扉が少しずつだけれども、開き始めたところです。私は、30代の政治家、次の世代の政治家として、なんとかこの扉を開き、次の日本を創りたいのです。

どうか、あと少し、力を貸してください。


◆横浜の皆様へ
私は横浜出身の37歳、人生の大半を横浜で過ごし、横浜が大好きです(だからといって横浜に利益誘導しているわけではありませんが)。
横浜の良いところは、新進気鋭の土地柄、常に新しいものにトライしていく人々の在り方だと思います。

3年前の政権交代で民主党にご期待をいただいたにも関わらず、失望されている方も多いと思います。そのことは真摯に受け止めます。その厳しいご批判を受け止めた上で、私は、さらに政治を前に進めるためには、今こそ国政の刷新、世代交代が不可欠であると思っています。

子どもたちの未来にツケを残さないために、責任世代の私たちにどうか改革を行わせてください。


◆家族のみんなへ

立候補をしてからの5年間、本当に苦労をかけっぱなしです。

休みらしい休みはほとんどなく、常に人前に晒され、批判の矢面に立つ生活を強いています。妻は無給で事務所を手伝い、子どもたちは地域のサポートに助けられながらの子育てと政治活動の両立です。

家族に迷惑をかけている分、子どもたちが将来暮らし、生きていく日本の社会を少しでも良いものに変えていこうと努力しています。

そのことで、妻と子どもたちにも、少しは誇りに思ってもらえるような夫であり、父親でありたいと思います。

いつもありがとう。


三村和也

2012年12月 2日

北朝鮮によるミサイル発射予告

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC00887.JPG

DSC00894.JPG

DSC00900.JPG

NEC_1344.JPG


今日は朝から駅頭にて演説。夜の演説会まで休み無く動きました。

たくさんの皆さんに朝からお手伝いいただきました。本当にありがとうございました!


今日の演説会でも話しましたが、北朝鮮によるミサイル発射予告は、完全に我が国と韓国の国政選挙を狙ったもの。

我が国は、こうした隣国を抱え、厳しい安全保障環境に晒されていると認識しなければなりません。その隣の大国もしかり。また、我が国の同盟国である米国も我が国をシビアに見ていると認識しなければなりません。


私はこの3年間、民主党の安全保障政策のコアメンバーで仕事をしてきました。ミサイル防衛に関しては防衛省時代に直接担当していた分野です。
2年前の防衛大綱の改訂では、南西諸島の国益を防衛するための防衛力のシフトと強化を行うことができたのは、戦後60年の防衛政策の大転換であり、我が国が直面する国際環境の変化に対応することができるようになりました。


当選直後、「防衛政策は票にならない」と言われましたが、私は安全保障政策に関しては、やはり自分が担わなければならないと考えています。


引き続き我が国防衛を万全なものにできるよう、選挙戦でも訴えてまいります。


三村和也

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
立候補以来、毎月毎月の政治資金の収支をインターネットで公開してきました。


お金をかけない政治活動を目指していますが、選挙本番にはどうしてもお金がかかります。
ネット献金でのご協力をお願いいたします。

2012年12月 1日

枝野経産大臣が応援に

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_8071.jpg

今日は夕方6時から、枝野経済産業大臣が三村の応援に。すごい盛り上がりでした!

DSC00865.JPG

枝野さんは、前回の選挙のときも、上大岡に、応援に来てくださった方です。コートが無かったからではありますが、チームミムラの「全力」ジャンパーも来てくれました!


DSC00857.JPG

師走の寒空の中多くの方々が最後まで演説を聞いてくれました。

DSC00848.JPG

時系列が逆になりますが、今日も各所で演説。

NEC_1341.JPG

朝は井土ケ谷にて。

今日も多くの方に応援をいただきました。本当にありがとうございます!


子どもたちの未来にツケを残さないために。
私たちの世代の政治家が責任を果たします。


三村和也

ミムラ和也Facebook 日々の活動の様子はフェイスブックにて更新しています
カードで簡単 ネット献金する
川崎市民のみなさま ポスターを貼る
あなたもミムラサポーターに 後援会へ入会
インターンシップ
1時間でも良いんです!ボランティアに参加
いつも身近にミムラを メルマガ登録
→メルマガ解除はこちら
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
最近のエントリー

HOMEプライバシーポリシープロフィール原点ミムラの貯金通帳ミムラのココ変!ネット献金後援会へ入会