民進党 三村和也
Change 民進党 三村和也
文字サイズ
民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部オフィシャルサイト
HOME プロフィール 原点 貯金通帳 ココ変 ネット献金 後援会入会 インターンシップ
若い力×行動力
三村和也 民進党神奈川県第18区(川崎市高津区・宮前区・中原区(大戸地区))総支部
子供たちのためにがんばるパパ
いとこも応援してくれます 広末涼子さんメッセージ
街頭演説 通算3000回以上!
100キロ完走!ミムラのマラソン遊説
街道をゆく ミムラの自転車遊説
新しい政治のカタチ 横浜未来会議
政治資金すべて公開!ミムラの貯金通帳
情報発信こそ政治家のバリュー ミムラのココ変!
■メール:
 
■電話:044-750-8246
■FAX:044-750-8247
お問い合わせはこちらから
事務所のご案内
元衆議院議員三村和也事務所
民進党神奈川県第18区総支部

〒213-0033 川崎市高津区下作延4-28-29 メイプルガーデン溝の口102号

≪アクセス≫
・南武線武蔵溝の口、田園都市線溝の口から徒歩15分
・田園都市線梶が谷駅から徒歩10分
・南武線津田山駅から徒歩8分
地図はこちらから
三村和也ブログ

《 2013年3月アーカイブ 》

2013年3月13日

TPP交渉の本質

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今の報道によると、与党政府はTPP交渉への参加を決断する方向のようです。ぼくは現職の時からTPP交渉参加を早急にすべきと主張してきました。

しかし、本質的に貿易立国である日本が、20年以上の停滞から抜け出して成長するアジアパシフィックの市場に出ていくことなしに成長戦略などありえないし、そもそも「交渉に参加する」かどうかを決断できてこなかったこの国の現状は、異常という他ないと感じます。

よく理解しなければならないのは、TPPの本質は「例外なき関税撤廃」ではないということです。例外があるから「交渉」するわけで、例外がないのなら交渉などあり得ない。

TPPの本質は「交渉の結果として」例外が認められないのではなく、「交渉の前提として」すべての品目を交渉対象に載せるというルールになっているということ。

だから、農業や医療など、我が国が守るべき国益は交渉の中で当然守るべきだし、我が国の経済、企業活動にとって不利なルールであれば、まさにそうならぬよう「交渉」すべきなのです。

それなのに、この数年、国論を二分するように、政治家、圧力団体が交渉反対運動を繰り広げ、マスコミもそれを助長してきた。これは反省を込めて、民主党政権の世論マネージメントの失敗だったのだと感じていましたが、政権が変わった今になっても、同じような光景がニュースで繰り広げられているのを見ると、むしろ、小選挙区制や今の国民性の問題なのかもしれない。


米国も、TPPに関して「交渉の結果として」例外が一切認められないとは、これまでも一度も言ったことはない。米国のTPPの定義は、一貫して、「包括的で高い水準」です。

どの国にも、守るべきセンシティブ品目があり、それらに例外を認めることは、いわば当たり前の前提です。だからこそ、参加表明をした国々は、延々と交渉を続けているのです。

TPP交渉は、「すべての品目が交渉の対象」となることが本質で、「包括的で高い水準」の達成を目指し、「最終的な結果は交渉の中で決まっていく」国際交渉なのです。

当然「例外」はあり、国益を守り、我が国に有利な国際経済ルールを形成するために、交渉を行うのです。

その意味では、当然ながら交渉に「参加してから」が本番であり、農業をはじめ様々な産業で「マーケットをアジアや米国に広げる」ことが可能になるように交渉すべきであり、当時に国際的にコンペティターが増える状況に我が国の産業が直面した時に、それでも生き残れるような成長戦略、規制改革による構造改革を進めることが重要です。

交渉参加の是か非かという入口論で立ち止まってしまってから3年もの月日を我が国は空費してしまいました。

一早く国際交渉と構造改革の本質論に政治は移行すべきです。

三村和也

2013年3月 6日

TPP交渉参加を契機にアジア太平洋経済政策を

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は産業競争力会議について打ち合わせでした。与党の会議体ですが、我が国にとって良い政策を進めることが出来るのであれば、成功裏に進んで欲しいと思っています。安倍政権がどう続くか次第でこの会議の価値も変わっていくでしょうが、ぼくは現職時、菅総理や野田総理にもずっと小泉政権時の経済財政諮問会議的な官邸主導の民間議員主導の会議体を作って改革を進めることを主張してきたので、自民党政権であっても、それが実現するのであれば、それは国益には適うことだと思っています。

 

昨日は民間議員メンバーと政策課題を抽出。

たとえば、

 

TPPについては、交渉参加と聖域確保は当然として、ぼくは、

 

日本政府の経済政策を「アジア太平洋スケール」にすべきだと思っています。米国への要求は例えば農業分野の規制、中国へは環境規制を要求し、ミャンマーへはODAとトップセールス、インフラ輸出を進める、といったように、霞ヶ関にそれぞれの部署をつくって、外務省、経産省、内閣府あたりの部署を統合すべきだと。TPPでは、東南アジア各国の政府調達の外国企業参入を解禁させ、そこで日本が攻めるのも1つのポイントです。

 

規制改革については、

大玉の医療、農業、労働行政の規制撤廃、既得権益除去について詳細に議論をしたりと。これらについてはまた書きますが、安倍政権、それに限らず、政権の浮沈は、規制改革と既得権益の排除をやりきれるかどうかにかかっているのだと思います。民主党政権は、改革政権として期待されていたにも関わらず、その逆に走っていってしまったから沈んだ。安倍政権が改革を進め続けられるのであればそれでよいし、そうでなければ、私たちが新しい政権の受け皿として取って代わるということです。

 

三村和也

 


ミムラ和也Facebook 日々の活動の様子はフェイスブックにて更新しています
カードで簡単 ネット献金する
川崎市民のみなさま ポスターを貼る
あなたもミムラサポーターに 後援会へ入会
インターンシップ
1時間でも良いんです!ボランティアに参加
いつも身近にミムラを メルマガ登録
→メルマガ解除はこちら
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
最近のエントリー

HOMEプライバシーポリシープロフィール原点ミムラの貯金通帳ミムラのココ変!ネット献金後援会へ入会